人生≒散歩道
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








中国出張記・その1


ニイハオ!皆様、無事帰国しました。

shinsen2.jpg shinsen1.jpg
行って参りました、香港&シンセン!
シンセンにある兄弟会社とその発注先の視察が目的です。

で、滞在先のホテルはシンセンでも一流のいいホテルです。
これがそのたいそうステキなホテル♪
hotel.jpg


ホテル

私たちの泊まる23階のフロアに到着。
女性向けにデザインされたフロアらしく、照明からしてすでに何やらあやしいムードで迎えてくれます。中国ではこれが「女性らしい」イメージ?!


で、これが女性向けにデザインされたステキなお部屋。同行した男性社員のお部屋です。
(心の中で「ラブホ部屋」と命名)

副部長の部屋1

スイッチいれるとベッドが回りそうです。

さらに、お部屋に用意された部屋着もすごい。。。
副部長の部屋2
この部屋に泊まることになった男性社員の「ホテルの部屋でくつろぐ図」がこちら。
アントニオ猪木かと思いました。

そして、「この部屋すごい~!」と大騒ぎする私に、ほかの男性社員も
「僕らの部屋もこうですが、何か?」

なぜだ、中国?誰かにききたい。

ちなみに私の部屋はコレ。普通でつまらない。
私の部屋1 私の部屋2

なぜなんだ、中国?どうしてもききたい。

ちなみにうちの部長の部屋はこうらしい。

部長の部屋1

エグゼクティブフロアにある、スイートルーム。お風呂には夜景がみえる大きな窓、トイレは2つ、ベッドは幅3メートルはありそうなキングサイズ。寝室とは別に居間がありました。
「ずるい~!」と騒ぐ私たちに「同じ料金だし、特に予約の時にいい部屋をとオーダーしたことはない」という部長。
すげーや、これが中国四千年の判断力。人を見る目がありすぎです。

できる国民とお見受けしました。
ホテルからしてパンチのきいた中国の冒険談はしばらく続きます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ← 応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ ← こっちも是非。

スポンサーサイト






2008⁄10⁄18 14:51 カテゴリー:へんなもの comment(12) trackback(0)
▲pagetop












コメント



お帰りなさいー!

 いいですね、香港のラブホ!
そしてアントニオへ部屋着!

 すばらしい、アジアのセンスですね。
続報も楽しみにしています。
2008/10/18 18:08URL | tomatona[ 編集]


>tomatonaさん

ラブホみたいでしょう?思わず笑ってしまいました。
この部屋に同行の男性陣がみんな割り当てられてました。
紫のシルクのガウンもすごかったです。(私も着てみました)
2008/10/18 19:42URL | ぶんちゃん[ 編集]


はじめまして!

訪問履歴から遊びにきました。

僕が中国のホテルに泊まったときには
部屋に入るなり電話が鳴り
流暢な日本語で『ガイドの女の子いりませんか』…と

断るとまた違う人から電話がかかり
また・・・また・・・また
いい加減シツコイのでフロント…ではなく

『オニガイします』・・・と

中国4000年のパワーに負けました(爆)
2008/10/18 20:52URL | 西風[ 編集]

うふふ♪
高校一年のときの体育祭の紫組の衣装がこんなカンジでした。んもう、あっぱれって言うほかないですなー中国!こーーーんなラブホティックなお部屋に泊まったんじゃ、男性のみなさま、おしごともさぞサクサクいけたことでしょう。
かんぱーーーい♪
2008/10/18 23:05URL | ゆるほ[ 編集]


いやあ まさにラブホですな^^
私が出張で広東に行った時は、日本のビジネスホテルに近かったですけどねぇ;w; こんなホテルに泊まればネタになったのに!( ゚д゚)ポカーン


2008/10/19 00:30URL | 建仁寺竹男[ 編集]


こちらの日系のホテルにも、ベッドルームと同じ部屋にお風呂があるところがあります。壁もなく、怪しげな部屋です。
2008/10/19 04:46URL | DRY[ 編集]


こんにちは。

お帰りなさいませ!

これはすごい!
中国のセンスですか。
なるほど~。
中国は、侮れませんね!

応援です!
2008/10/19 11:39URL | まるどすえ[ 編集]


こんにちは!
写真大ウケしてみてました。
アントニオ猪木…この無駄なサテン生地、
派手な色合いがハマっています。
そして、これまた無駄なヘッドレスト。
この色合い…やっぱりラブホ以外の
何者でもありませんね。

それにしてもえらい差です。
2008/10/19 14:53URL | はりねずみ[ 編集]


> 西風さん

女の子のガイドさん・・・それはすごいですね~!
で、頼んでよかったのでしょうか?
それで失敗だったら目も当てられませんね。
今回はそんな売り込みはなかったので、中国人イケメンとの出会いには恵まれませんでした。



>ゆるほさん

そうそう、文化祭か、体育祭って感じのガウンでした!
これでも市内で一流のいいホテルで、この部屋もちょいとインテリアに誤解があったものの、いいお部屋だったらしいです。このベッドも寝心地はよかったと男性陣が申しておりました。



>建仁寺竹男さん

私もこの部屋見た瞬間、「ブログのネタになりそう!」と思ってしまいました。
男性陣みんなに紫のガウン着て記念撮影しようと持ちかけましたが、みんなは反対だったようで。。。
唯一、この男性のみ快く承知してくれました。



>DRYさん

アメリカにお住まいなんですね!!
ベッドとお風呂が同じ部屋なんて、寝具がしめってしまいそうですね。体を洗うときはどうするんでしょう??
アメリカはいろいろユニークなものがありそうですね。



>まるどすえさん

ただいまーーーー!!
中国にはいろんな場面で脱帽させられました。
本当に侮れませんね。



>はりねずみさん

やっぱり、これ、ラブホですよね~!
見たときには大笑いしてしまいました。しかも、男性陣のみこの部屋で、私たち女性陣は普通の部屋なんですよ。中国人何を考えているんだか。。。




2008/10/19 17:09URL | ぶんちゃん[ 編集]


こんにちは。初めまして。
足跡ありがとうございました。
香港は返還前に行ったきりで最近は行けてません。それまでは毎年のように遊びに行って、めぼしいホテルにはすべて泊まりましたが、このようなホテルの部屋は初めて見ました(笑
2008/10/19 21:01URL | 君平[ 編集]


>君平さん

はじめまして~!
訪問&コメントどうもです!
香港は私も返還前に何回かいきました。マンダリンオリエンタルがお気に入りでした。
今回は香港は駆け足だったので主にシンセンあたりにいましたが、香港に負けず劣らずの発展ぶりでしたよ。このホテルもシンセンの一流ホテルです。大いに楽しめました。
2008/10/19 21:46URL | ぶんちゃん[ 編集]


こんばんは。いつもご訪問ありがとうございます。

このホテルすごすぎですねぇー。あははー。
日本の添乗員が団体を連れて行ったときに、ツアーリーダーなのでホテル側は結構おもてなししてくれるそうです。部屋もお客様より上の階にとったりするので、いつも困ると言っていました。
2008/10/24 22:06URL | 川田[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

FC2カウンター


プロフィール

ぶんちゃん

Author:ぶんちゃん
長崎県佐世保市出身、東京都在住の既婚女性です。
趣味はダンナさまとの散歩。
途中で出会う人々や野良猫、綺麗な風景にいやされながら、暑くても、寒くても、週末はとにかく歩くのです。

大震災を機に、ツイッター始めました→http://twitter.com/#!/bunchan1017




カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事


リンク


月別アーカイブ


カテゴリ




検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

最新トラックバック


最新コメント


Track Word





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ワード

▲pagetop



Copyright © 2017 おさんぽ本舗. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
SEO対策:散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。