人生≒散歩道
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








中国におけるサービス精神とは??を考察してみた。


中国・大連市の出張レポートその2です。

大連には1年半ほど前にも行ったのですが、あいかわらず恐ろしいほどのスピードで成長し続けていました。今不動産バブルがおきているようで、どんどん値上がりしているのだとか。確かに街のあちこちで建築ラッシュ、けっこう埃っぽかったです。
成長著しい街ですが、現地企業の社長さんが言うには中国はサービスという点ではまだまだだそう。

うーん、そうかも・・・と思ったのがこのエピソード。

これ、朝食の膳です。
P6028781.jpg

味はおいしいのですが、味噌汁が半分こぼれていたりします。
思ったことをずけずけいわないけど、そのぶんオモンバカリをサービスとして要求する日本人と違って、中国の人は「嫌だったら取り替えてというから、サービスなんてものはいらない」という主義みたいです。実際、現地の方からは「サービスなんていらないよ。自分のいいように要求するから」というようなことを言ってました。日本人とは違う考え方なんだなぁと思ったものです。

で、スーパーでみかけたこれもサービス??
P6028798.jpg

夏には涼しげなこのシート状のもの(車の座席においてあるのをみかけますね)、何故かマネキンに巻き付けてありました。
P6028799.jpg

使い方提案のサービスなんでしょうか??
こうやって使ってね、みたいな。
・・・たぶん、インパクトで目立たせようとしただけなんじゃないかと思いますが。。。


サービスとしてはホテルのこれもその一つ。
P6018763.jpg

こっちはやたら丁寧です。「お」が要らないような気もしますが、丁寧ではあります。


日本語があやしいだけともいいますね。
そういえばスーパーで売ってるお菓子の日本語も怪しかったです。
P6028802.jpg


・・・中国って興味深い国だなぁ。・・・



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ ← ポチっとプリーズ!


スポンサーサイト






2011⁄06⁄06 22:22 カテゴリー:へんなもの comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



最後の写真の気になるな~~

何を選ぶ?チョイス?
前に言った時のあのでたらめ日本語にも感動したけど、どういう人が翻訳しているんだろうかね。

これからもっと成長していくんだろうけど不思議な国ですよね。
2011/06/07 15:02URL | kokeobasan[ 編集]


>kokeobasanさん

はい、不思議な国です。
印刷して売るパッケージなら、一度日本語の校閲ぐらいはいれないんでしょうかね??こういうおおらかさは見習うべきなのか、どうなんでしょうね??

ほかにも怪しい日本語のものがスーパーにいっぱいありました。
2011/06/07 23:11URL | ぶんちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

FC2カウンター


プロフィール

ぶんちゃん

Author:ぶんちゃん
長崎県佐世保市出身、東京都在住の既婚女性です。
趣味はダンナさまとの散歩。
途中で出会う人々や野良猫、綺麗な風景にいやされながら、暑くても、寒くても、週末はとにかく歩くのです。

大震災を機に、ツイッター始めました→http://twitter.com/#!/bunchan1017




カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


リンク


月別アーカイブ


カテゴリ




検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

最新トラックバック


最新コメント


Track Word





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ワード

▲pagetop



Copyright © 2017 おさんぽ本舗. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
SEO対策:散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。