人生≒散歩道
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








誕生日にはサバイバルを学ぶ


先週目黒のホテルに泊まったときに、おもしろそうなものがありました!

「目黒区防災センター 地震の学習館」

おもしろそうだな~~と、即入ってみることに。

ここは目黒区の防災センターで、「大地震に備えて防災対策などの知識を深め、体験と学習を通じて自分自身の判断力、行動力を高めていただくための施設」だそうです。
私たちが行ったときにはまだ誰もほかにお客さんはいなくて、職員のおじさんが案内してくれました。

おじさんはよほど暇だったらしく、ノリノリで説明してくれます。
「私たちは、区民の皆さんに、大地震に備えていろいろ学習しておいてほしいと願ってるんですよ。目黒区民の方ですか?」
「いえ、渋谷区民ですが」
「・・・」

おじさんは気を取り直して説明を続けます。
「これはもう一目見て何かわかりますよね?」
「・・・・土管?」
「ライフラインですね。」
「・・・」

なんだか多少かみ合わない空気の中、メインイベントの「地震を体験できる」マシーンに到着。
ここは家の中や街中、高層ビルでの地震のゆれを実際に体験させてくれます。
家の中の地震体験中。
PA177079.jpg

映像の中の地震とシンクロして自分たちが座ってる場所が激しく揺れます。

阪神淡路大震災の時の揺れなども体験させてくれて、「なるほどこんなに揺れたら建物も壊れるね」と身をもって実感できました。揺れてる時間はあっという間ですが、あの揺れでは何かに掴まっているのがせいいっぱいで頭まっしろだったでしょうね。

真っ白と言えば、煙の体験もありました。煙が充満した部屋をぬけて、反対側のドアから出てこいという指示ですが、簡単なようでこれが難しい。煙がいっぱいだと、手探りで進むしかないですが、知らない場所だとどこにドアがあるのかも見えないので手探りで進むしかない。抜けるのに思ったより時間がかかりました。

そして最後に体験したのが、初期消火体験。実際に消火器を操作して火を消します。消火器は薬剤の代わりに水を噴射するしくみで、火は映像の中で火事が発生する場面を再現しているものですが、実際に消火器をうまく噴射すれば映像の中の火が消せるのです。ゲーム感覚で体験できてけっこう楽しい。
・・・「地震の学習館」あなどれじ!
これで、ちょっとだけサバイバルな知識が身につきました。

ここで、ワンポイントですが、地震や災害のときには、学校にいくといいそうですよ。学校は丈夫に作られているそうで、それは地震の時子ども達を守るためだけではなく、地域の人の安全確保のためでもあるとか。学校には水や毛布などが備蓄されているそうです。災害があるとみんな学校の体育館に避難しているのはそのせいなんですね。

この日は全部は体験してきませんでしたが、他にもこういう体験コーナーがありました。
PA177081.jpg
並んでいるのは実物大の人形たち。
これで心臓マッサージやAEDなどの応急救護も学べるらしい。道具があっても使えないといけませんし、使い方ぐらいは知っておいても損はないかもと思います。

振り返ったら、一人増えてました。
PA177083.jpg

この人は何を学んでいるんでしょう?



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ ← ポチっとプリーズ!


スポンサーサイト






2010⁄10⁄25 00:03 カテゴリー:散歩 comment(4) trackback(0)
▲pagetop












コメント



こんにちは

阪神淡路大震災の揺れを体感されたのですか。
あの時は、家がきしんでいるのが明らかに分かり、大きな箪笥が揺れで倒れそうになりましたが長い時間でした。
余震も時間は短かったですが同じ規模のものが何回もあり、恐かったです。
といっても、震源地から離れた加古川でそうでしたから阪神地区の人はもっと恐かったでしょうね。
2010/10/25 10:18URL | おくだっち[ 編集]


>おくだっちさん

おくだっちさんも経験されたんですね。
私たちは「疑似体験」だったのですが、本当に経験となると怖かったでしょうね。私だったらパニックに陥ってどうしていいかわからなくなりそうです。
確かに今まで一度も経験したことのない、衝撃的な揺れでした。東海地震は発生確率90%以上と予測されているそうです。地震館をでたあとは、備えをきちんとしておこうと思うようになりましたね。

2010/10/25 23:53URL | ぶんちゃん[ 編集]


私は中学の時に札幌で十勝沖地震を体験しました。
震度5の揺れでした。
余震も何日も続きました。

揺れ始めの時は、後ろの席の男子が私の椅子を蹴っ飛ばして揺らしているのかな~と思ったのですが

さすが強い蹴りにはむかつき後ろを見たら震えていました。
私がそんな怖か・・・・・
いやいや地震にビビッていたんですね。

学校中が大騒ぎして外のグランドに飛び出していく中、我がクラスの担任は冷静で地震経験者だったため
まず窓やドアを開けて逃げ道を確保して
揺れが収まるまで机の下に全員隠れました。

いまだにその教訓のせいか、地震が来ても冷静に「こりゃ~震度3だな」と言って震度をぴたりと当てることが出来ます。
2010/10/26 18:40URL | kokeobasan[ 編集]


>kokeobasanさん

おお~~そんな武勇伝をおもちでしたか!!
震度5なんて、さぞかしすごい揺れでしょうね?
疑似体験だけでもびっくりしてましたが、本当に体験すると、その先生のように落ち着いていられるか・・・??

kokeobasanはいろんな体験をされて、そんなマルチな才能を開花されたんですね。生きる人間震度計だったなんて、また一つ尊敬ポイントをみつけてしまった。
2010/10/27 00:13URL | ぶんちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

FC2カウンター


プロフィール

ぶんちゃん

Author:ぶんちゃん
長崎県佐世保市出身、東京都在住の既婚女性です。
趣味はダンナさまとの散歩。
途中で出会う人々や野良猫、綺麗な風景にいやされながら、暑くても、寒くても、週末はとにかく歩くのです。

大震災を機に、ツイッター始めました→http://twitter.com/#!/bunchan1017




カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


リンク


月別アーカイブ


カテゴリ




検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

最新トラックバック


最新コメント


Track Word





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ワード

▲pagetop



Copyright © 2017 おさんぽ本舗. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
SEO対策:散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。