人生≒散歩道
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








瀬戸内国際芸術祭に行ってきました~(その2)


小豆島に続くアートの島は「豊島(てしま)」です。

豊島は、小豆島に比べたらこぶりの島で、風景もちょっと違います。アパートやマンションなどの背の高い建物は見かけませんし、焼き板と石垣の古民家、目を転じると青い青い空に穏やかな海・・・そんな景色です。
P8316347.jpg
P8316378.jpg
P8316386.jpg
P8316359.jpg

タイムスリップしたみたいで歩いているだけで懐かしい気持ちになれますが・・・5分も歩けば汗が噴き出して大変なことになります。暑い・・・とにかく、暑い・・・もう、暑さで死にそうになります。
こんな暑いときに一休みできる、クーラーの効いたカフェなぞあろうはずもなく、日陰で休むしか手はありません。(ちなみに、飲み物の自販機もめったにみかけませんでした)


そんなときに訪れた次なるアートが「ノリとたゆたう。」というタイトルの体験型アート。
P8316358.jpg

建物は閉鎖された海苔工場だとか。真っ暗い中には平らではない白い柔らかい床があってまるで海の底のよう。寝転がって見上げると、天井の方には青いぼーっとした明かりが見えて、光が降ってくる感じです。
P8316356.jpg

冷房をきかせている訳じゃないけれどひんやりして、水の音のような不思議な低い音に囲まれて、至福の一時を味わいました。最初に立ち寄った案内所のおじさんが、「あそこに行くとみんな寝ちまうんだよ」といってた訳が理解できました。
P8316355.jpg

これは死体の写真ではなく、くつろいでいるダンナ様。
(おまちがいのないように・・・)

このあと、ダンナ様は隣で「ぷぅ~」とやってしまいましたが、寛ぎすぎでは、ダンナ様?!
すぐにそそくさと立ち去りました。アートを台無しにしてごめんなさい!

この「ノリとたゆたう。」は体験型でしたが、他の豊島のアートもバラエティに富んでおり、眺めたり、浸ったり、食べたり、音を聞いたり・・・と楽しかったですね。

これは「島キッチン」。丸の内ホテルのシェフが地のものを使った本格的なお料理をだしてくれるレストランです。
P8316363.jpg

時間がなかったのでゆっくりできませんでしたが、お料理はとってもおいしそうでした。残念!


ダンナ様が気に入っていたのはこの「藤島八十郎を作る」。自然の家のファンであり、童話作家を目指す藤島八十郎という架空の人物の家を作り上げた作品だとか。
P8316364_20100905003110.jpg
P8316365_20100905003110.jpg

家の構造自体が秘密基地のようでワクワクする構造なのですが、そこに展示されている怪獣やウルトラマン、仮面ライダーなどのフィギュアや絵本、絵の具や食器などディテールまでも楽しいんです。



他にもいろいろなアートが・・・。
「残り物には福がある」
P8316379_20100905003109.jpg


「ハーモニカ」
P8316376_20100905003109.jpg


「潜在意識下の海の唄」(サウンド・インスタレーション)
P8316387.jpg

「遠い記憶」
P8316393.jpg


「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」
P8316417.jpg
P8316407.jpg

この平衡感覚がおかしくなりそうな奇妙な部屋はなんとレストランです。(食べなかったけど)


そういえば豊島ではこういうアートなレストランはあったものの、他には店らしい店もなく、この日はずっと歩き続けてかなーり足が棒でした。
豊島の案内所のおじさんがいうには、「コンビニはある」のだそうですが、みつけることはできませんでした。もっとも、このコンビニは「小豆島にはまける。あっちは24時間営業のコンビニだ」ということで、どうやらおじさんの都会か田舎かの基準は「コンビニが24時間営業かどうか」の模様。
そういえばうちの会社があるのは東京でも郊外のほうで、隣のビルのコンビニは夜11時にはクローズします。豊島のおじさん基準では「田舎」ということでしょうか・・・そう考えると、会社に行くのもそう悪い気がしません。
いや、嘘です。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ ← ポチっとプリーズ!


スポンサーサイト






2010⁄09⁄05 00:40 カテゴリー:散歩 comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



こんばんは~。

瀬戸内・・・素敵ですね~。
アートは私もよく話からいですけど。
一番「わっ」っと思ったのは小豆島の畑の中の中近東風の藁(竹?)で造られていた建物です。
それにしてもアートもいいですが、やはり風景が抜群に素敵ですよね。
古い街並みが大好きな私としては行ってみたくてもう心がウズウズしてま~す\(^o^)/
 

2010/09/05 01:21URL | katton!![ 編集]


>katton!!さん

この家は竹で編んだもので、中はちょっとしたホールのようなところになってました。お日様の下は暑いのですが、日陰で風が吹き抜けるところは涼しいので、この中も涼しくて快適でしたよ~(できればお昼寝したかったぐらい)

今回訪ねた瀬戸内の島では、古い家と路地がそのまま残ってて、散策するのも楽しかったです。倉敷などの景観保護地区もステキと思いましたが、ここは人の手で人工的に保たれたのではない、本当の家並みが残ってました。

お勧めですが、散歩以外には何もすることがないかも・・・(^^;
2010/09/06 01:11URL | ぶんちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

FC2カウンター


プロフィール

Author:ぶんちゃん
長崎県佐世保市出身、東京都在住の既婚女性です。
趣味はダンナさまとの散歩。
途中で出会う人々や野良猫、綺麗な風景にいやされながら、暑くても、寒くても、週末はとにかく歩くのです。

大震災を機に、ツイッター始めました→http://twitter.com/#!/bunchan1017




カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


リンク


月別アーカイブ


カテゴリ




検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

最新トラックバック


最新コメント


Track Word





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ワード

▲pagetop



Copyright © 2017 おさんぽ本舗. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
SEO対策:散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。