人生≒散歩道
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








九段下・みたま祭りに行ってきました!


金曜日の後追い日記になりますが、お祭りの報告です。

福岡で祇園山笠の空気に触れて、お祭り好きの血が刺激されてしまいました。
で、この勢いのままに帰京してすぐ出掛けたのは、九段にある「靖国神社」の「みたま祭り」です。以前は会社がこの界隈にあったこともあって、靖国神社のこの祭りは馴染みの祭り・・・ここのところご無沙汰でしたが、懐かしさもあってでかけてみました。
P7150835.jpg


久しぶりに行ってみると、その壮観な眺めはそのままに、よりいっそう賑やかさを増した屋台と人混みでそりゃあものすごい有様・・・人混み嫌いな旦那さまの機嫌がみるみる悪くなっていきます。

ご機嫌を取ろうと屋台の裏側にひっぱっていきました。

あったー!記憶の通りの「見せ物小屋」と「お化け屋敷」。いろんなお祭りみてますが、「見せ物小屋」があるところなんてここのお祭りぐらいしかしりません。
呼び込みの口上も勇ましく、50センチぐらいの蛇(本物)をつかんで振り回しながら、「さあさあ、生きた蛇を食いちぎる、蛇女がいるよっ!」などと煽る煽る。。。
P7150846.jpg

花形スターもご挨拶に。
P7150849.jpg

PRポスターらしき貼り紙も・・・
P7150850.jpg

芸人って・・・?!


そして隣にあったのがお化け屋敷。。。
P7150836.jpg

P7150837.jpg


お化け屋敷の方は、入り口に張りぼての人形が鎮座し、それをひもで上からひっぱると首がだらーんと伸びてぶらんぶらんと漂っています。これぞ、かの有名な「ろくろ首」!
P7150843.jpg

何が驚いたかって、ひもで引っ張られた首がぶらんぶらんと揺れるたびに「キャーッ!!」と絹を引き裂くような婦女子の悲鳴があがること!
・・・こんなんで悲鳴あげてたら、この人達ミッキーマウスの縫いぐるみを見ても悲鳴をあげるんじゃなかろうか。

ちなみに私がこの世の中で一番怖いのは、黒くてすばしこい夏場のアレです。


「靖国神社」は戦没者の霊を祀ってあることで有名です。
飾ってある提灯にも「英霊」とか「指令軍」とかいう言葉がずらり・・・他の神社のお祭りとは違った祈りが込められていました。
P7150864.jpg
P7150867.jpg長崎もあるよ


一つ一つをみていくと、この神社が戦争の悲劇とは切り離せないことを実感してしまうのですが、こうやって全部まとめて光の壁になっていると、幻想的な夏の情景の1ページになっています。
P7150886.jpg

我が家の英霊(?)もこの光の壁の前ではいつもよりちょっとオトコマエに見えませんか?
P7150879.jpg

・・・見えないか。。。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ← ポチっとプリーズ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ ← こっちもプリーズ!


スポンサーサイト






2009⁄07⁄19 01:27 カテゴリー:散歩 comment(4) trackback(0)
▲pagetop












コメント



お帰りなさいませ~(^^

長崎のレポありがとうございました!
坂の町、食の町、さらにはお祭りも加わって見ているだけでも楽しませていただきました。

靖国神社は九段下界隈に出かけるとよく前を通りますが、お祭りがあるなんて知らなかったです!

ただ元々の意味合いが戦争に繋がるものなので、なんとなく通常の夜祭とは違う独特な雰囲気がうかがえます。

ダンナ様は今回笑顔がないかも~(笑)

ちょうちんの前のお写真、とてもカッコよく写ってますから、大丈夫ですよ~(^^

何かおしいものはありましたか?

それにしても芸人だったなんて・・・・・

2009/07/19 10:54URL | MIKA[ 編集]


>MIKAさん

靖国神社はさすがに戦没慰霊の神社だけあって、ちょっと独特の雰囲気ですよね。でも「みたま祭り」は全体的には普通のお祭りのような感じです。大勢のお客さんもいて、賑やかですし、夜店のラインナップも充実です!
まぁ、この賑やかさに辟易して、笑顔があまりなかったのですが。。。

蛇女は「女芸人」だったというのは私的にはヒットしたのですが、一緒に楽しんでいただけて嬉しいです。
口上では「人にあらず」的なあおり文句だったくせに、化け物社会にも芸人がいたのか~という新鮮な驚きでした。


2009/07/20 00:30URL | ぶんちゃん[ 編集]


提灯の灯りの壁は幻想的できれいですね。
だんな様もなお一層ステキですよ。

それにしても見世物小屋って今でもやっていいるんですね。
子供の頃に近所の神社にやってきた見世物小屋の「親の因果が子に報い・・・・」の呼び込みに誘われて親に連れて行ってもらった事があります。
実際にはなかは暗くて「何????」って感じで帰って来たのを思い出しました。
2009/07/20 10:53URL | katton!![ 編集]


> katton!!さん

提灯の壁、綺麗でしょう??
ついでにダンナ様までちょっとよく見えるというからくりです。

見せ物小屋、珍しいでしょう??私もここのお祭り以外ではみかけたことがありません。入り口のところでは蛇女以外にも全身金箔をぬりたくった「黄金人間」もいましたが、彼の持ち芸が何だったのかはイマイチはっきりしませんでした。今年は混んでいたので入りませんでしたが、来年は入ってみようと思います。 katton!!さんは見せ物小屋体験者なのですね・・・貴重な体験です!!
2009/07/21 23:47URL | ぶんちゃん[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

FC2カウンター


プロフィール

ぶんちゃん

Author:ぶんちゃん
長崎県佐世保市出身、東京都在住の既婚女性です。
趣味はダンナさまとの散歩。
途中で出会う人々や野良猫、綺麗な風景にいやされながら、暑くても、寒くても、週末はとにかく歩くのです。

大震災を機に、ツイッター始めました→http://twitter.com/#!/bunchan1017




カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


リンク


月別アーカイブ


カテゴリ




検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

最新トラックバック


最新コメント


Track Word





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ワード

▲pagetop



Copyright © 2017 おさんぽ本舗. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
SEO対策:散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。