人生≒散歩道
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








瀬戸内国際芸術祭に行ってきました~(その3)


3番目に訪問したのが「男木島(おぎしま)」です。ここは小豆島よりも、豊島よりも、ずっと小さな島で、コンパクトに見所がかたまってて気に入りました。

島の風景も懐かしくていい感じ。狭い路地に急な階段、連なる屋根・・・どこか長崎の古い街並みを思い起こさせます。ダンナ様も「この階段の角度は長崎で体験済みだ」と豪語してました。(その割にバテバテだったのは、歳のせいか??)
P9016435.jpg
P9016452.jpg
P9016500.jpg
P9016441.jpg



ここではアートがかたまっていたので、いっきに見て回ることができました。・・・というわけでいっきに紹介!
名称未設定 1
名称未設定 2
名称未設定 3

田舎の風景の中に突然飛び出す現代アート、不思議となじんでます。


アートもよかったけど、いちばんよかったのは島の風景。
住むのは大変そうだけど、散歩にいくのはまったくもってスバラシイ!
古くて懐かしくてひなびた感じが心地いい家々が、青い空と深い青の海をバックにたってる姿は、異空間に迷い込んだような感覚です。


で、そのままフェリーで20分の「女木島(めぎじま)」へGO。
P9016517.jpg

ここは「鬼ヶ島」伝説の島で、島の中央には鬼が逃げ込んだという洞窟もあります。

鬼ヶ島アピール・・・超ベタですね~~
P9016531.jpg
P9016540.jpg


洞窟の中にもなんとアートがっ!
P9016536.jpg

サンジャ・サソの「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」。鬼にとらえられた魂を表現とのことですが、光の中で浮かび上がる姿が幻想的なアートでした。


で、鬼の洞窟をあとに下界に降りてきて、アート鑑賞続行です。

これはレアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」。旅人が出会って食事を共有することのできる空間・・・つまり、レストランです。
名称未設定 4

白砂の中庭を眺めながら食事をするのですが、この砂には時々「ざっ、ざっ、ざっ・・・」という足音ともに足跡だけが現れて庭を横切っていき、しばらくすると消えます。それを横目に見ながら昼食にパエリアをいただきました。瀬戸内の新鮮な海の物と野菜を使ってて、けっこうおいしかったです。
P9016556.jpg

食後に探検した奥の部屋も不思議な感覚におそわれる部屋でした。金沢の21世紀美術館に行ったときにも思いましたが、レアンドロさんはつくづく人を驚かせるのが好きな、サービス精神あふれる人物なんだろうな・・・と。
P9016561.jpg

どこが不思議なのかこの写真からわかりますか?

   *   *   *

P9016564.jpg
レアンドロのレストランを出たこの通りが、女木島のメインストリートだそうです。と言っても、店はレストラン以外みかけませんでしたが。つまり、「両側に家がある」ということが賑わいの意味するところと見ました。他の路地では家があってもぽつりぽつりとだし、反対側が畑だったり廃屋だったりする通りしかありませんでしたし。
女木島の島民は全部で200人程度しかいないらしく、子どもは一人もいないのだとか・・・アートで観光客がどっと押し寄せることは、島の皆さんにとってはどうなんだろうな??と思いましたが、説明してくれたおじさんは観光客を歓迎してくれているようなのでちょっとほっとしました。


メインストリートから港の辺りには、他にもたくさんのアートが点在してましたので、食後の散歩がてらに再び散策開始です。
名称未設定 5



そして結構気に入ったのが「女木ハウス」。
P9016610.jpg
P9016611.jpg

母屋の縁側がそのまま中庭のステージにつながっていて、ここで様々なコンサートをやるための家のようです。家全体もですが、この心地よい空間そのものがアートであり、音楽や演劇などの作品とコラボすることでさらにアートな空間が創出されるということなのでしょう。

縁側から足を投げだしてのんびり座ったり、しまいにはゴロゴロと寝ころんだり。
P9016628.jpg
P9016625.jpg
寝ころんでいたら、ダンナ様がのぞき込んできました。


あまりにも気持ちのよかったこの庭で、最後に1枚写真を撮りました。
P9016621.jpg

日焼けして、スッピンの私と汗まみれのダンナ様です。お見苦しくてごめんなさい・・・でも楽しんでいる様子をご理解いただけるかな、と思ってアップしてみました。

暑かったし・・・
歩き回ってくたくただし・・・
ゆっくり作品鑑賞するには時間に追われた感もありましたが・・・
でも十分楽しい時間を過ごさせていただきました。海外やリゾートで過ごす快適なお休みもいいけど、こういうちょっと変わった空間に身を置いていつもと違う散歩を楽しむお休みもまた一興です。
現代アート、理解の可否はさておいて、嫌いではないかも。こういう味わいかたがあってもいいじゃないか、と主張したいです。


今日は長い日記となりました。
最後までお読みいただいて、ありがとうございます。。。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ ← ポチっとプリーズ!






スポンサーサイト



2010⁄09⁄06 01:06 カテゴリー:散歩 comment(8) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

FC2カウンター


プロフィール

ぶんちゃん

Author:ぶんちゃん
長崎県佐世保市出身、東京都在住の既婚女性です。
趣味はダンナさまとの散歩。
途中で出会う人々や野良猫、綺麗な風景にいやされながら、暑くても、寒くても、週末はとにかく歩くのです。

大震災を機に、ツイッター始めました→http://twitter.com/#!/bunchan1017




カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事


リンク


月別アーカイブ


カテゴリ




検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

最新トラックバック


最新コメント


Track Word





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ワード

▲pagetop



Copyright © 2010 おさんぽ本舗. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
SEO対策:散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。