人生≒散歩道
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








NO MAN'S LAND・・・旧フランス大使館のアート展


今日は東京は天気が悪くて、ほとんど外出せず・・・おじいさん(ダンナ様)はお掃除に、お姫様(自分)は年賀状作りに精を出しておりました。

当然お散歩もでかけませんでしたので、先週でかけた旧フランス大使館で行われている美術展「NO MAN'S LAND~創造と破壊展」のレポートをいたします。

旧フランス大使館の建物が来年取り壊されるとかで、その前にと日本やらフランスやらのアーティストたちが建物全体で様々なインスタレーションを展示していました。(http://ambafrance-jp.org/nomansland/?page_id=3
大使館1


事務室、廊下、資料室、階段、地下室、中庭など、旧庁舎の屋内外を自由に使って表現されたアートたちはとっても難解でわかりにくいものから、素人にも親しみやすいものまで様々・・・全部見るのにけっこうな時間がかかります。
大使館2


私が気に入ったのはこれ。
PB283439.jpg

ダンナ様のセクシーなヒップをご覧下さい。



そしてダンナ様のお気に入りはコレ。
PB283490.jpg

さりげなく階段のわきに展示してました。


中にはまだ制作中だったところもあって、入ろうかとためらっていたらたどたどしく「ドウゾ」と呼ばれた部屋も。Romain Erkiletianさんというアーティストで、せっせと銀座の街を部屋中に描いてました。
名称未設定 1

パンフレットによると
「ロマン・エルキレティアンは大使館旧庁舎が消滅するというアイディアから着想を得て、現代無意味を創作する。(中略)地球外からの侵略による脅威のようでもある」
ですって。

・・・ふーん・・・


よーくみると宇宙人というよりは犯罪の臭いがしますが・・
PB283474.jpg

これも作品の一部なんでしょうかね??
スキンヘッドの本人がよこで黙々と壁にペンキを塗っていたため、笑っては失礼かと飲み込んだのですが、一番うけた作品でした。こういうアート(?)も大好きです。


大使館全体は50年以上も前に建てられたそうです。モダンでかっこよくて、古いとはいえ取り壊すのがもったいないほど。壊される前に見ておいてよかったです。部屋の一つ一つがフランス映画にでてくるおしゃれな古いアパートのようでした・・・近くに行かれるかたは、1月いっぱいまで無料でやってますから是非みてきてください。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ← ポチっとプリーズ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ ← こっちもプリーズ!




スポンサーサイト



2009⁄12⁄05 23:40 カテゴリー:散歩 comment(4) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

FC2カウンター


プロフィール

ぶんちゃん

Author:ぶんちゃん
長崎県佐世保市出身、東京都在住の既婚女性です。
趣味はダンナさまとの散歩。
途中で出会う人々や野良猫、綺麗な風景にいやされながら、暑くても、寒くても、週末はとにかく歩くのです。

大震災を機に、ツイッター始めました→http://twitter.com/#!/bunchan1017




カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


リンク


月別アーカイブ


カテゴリ




検索フォーム


RSSリンクの表示


ブロとも申請フォーム


QRコード

QRコード

最新トラックバック


最新コメント


Track Word





マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
ワード

▲pagetop



Copyright © 2009 おさんぽ本舗. All Rights Reserved.

template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
SEO対策:散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。